ナード戦隊データマン

データサイエンスを用いて悪と戦うぞ

R言語: 知っておくべき5つのオンライン情報源

R言語の入門者、ライブラリの使用方法を知りたい人、R言語を用いたデータサイエンスのプロセスを学びたい人などのための情報源を5つ紹介します。

1. Stack Overflow

stackoverflow.com

R言語に限らず、プログラミングで生じた疑問を解決するならStack Overflowは便利なサイトです。プログラミングに関するQ&Aサイトですが、すでに解決されたQuestionが山ほどあるので、同じところでつまづいた人の質問を探せば解決策が見つかる可能性があります。有名なサイトなので知って損はないですよ。

2. Quick-R

http://www.statmethods.net/

R言語の典型的な使い方について素早く知ることを目的としたサイトです。統計学の基本知識があることを前提としていますが、リファレンス的にR言語について知ることができます。

3. R-bloggers

www.r-bloggers.com

R言語に関して書かれた様々な情報源を一つの場所に集約したサイトです。情報量と更新頻度が多く、信頼できる情報源に厳選されています。R言語に関する最新情報を知りたい場合は、R-bloggersのTwitterアカウントをフォローしておくと便利です。

4. The R Project

https://www.r-project.org/

Rの本家です。manualsではR言語の基本事項について書かれたPDFが置かれています。また、R言語そのものの更新情報について知ることができます。The R Journalでは、R言語に関する定期刊行を発行しており、プロフェッショナルによって書かれた様々な知識を学べます。

5. Kaggle

https://www.kaggle.com/

Kaggleはデータサイエンスのオンラインコンペティションです。コンペだけではなく、様々なデータセットをダウンロードしたり、各データセットに対して他の人がどんな分析を行ったかを見ることができます。

おわりに

日本語で検索するよりもはるかに英語の情報源のほうが信頼性も質も高いので、ここで掲載した5つのサイトだけでも知っておいたほうが良いでしょう。